Diary

虹の橋(命の限り・・・)

ブログ。10日程度休んでました。

長雨も散々だったしね。

2015091420150909_160410

ご近所ワンちゃんが亡くなりました。

我が家が此処いらに住み着いて?から・・・・・。

リリーと出会い飼い始め。なんにも分からないことばっかりでしたが。

たくさんのご近所の飼い主さんとの出会いやその交流の中で、すくすく?とワンコも飼い主もここまで育ってこられたわけで。

リリーがパピー時代は約7年前です。その当時に出会ったワンちゃんが今のリリーと同じ年齢だったら14歳を越えてしまうのは当然のこと。

我が家にとって。

おしゃれにワンコを飼うことや、お医者さんやカメラのこととか。いろんなことを教えてくれたお宅の3ワンちゃんのうち、最高年齢だった子が15歳半ばで虹の橋を渡られたそうです。

ご近所先輩方。たくさんのワンコ知り合いがいますけど。

いつかはリアルに出会す「絶対」のひとつ。

路上ですれ違い出会した飼い主さんから放たれた言葉がね。

さりげなく。気丈に明るく、「本当に楽しく幸せな15年だったゎ・・・」の言葉がね。

当事者のそれとは雲泥の差ではありますが。

papaにも痛く突き刺さったわけ。

ブログの世界では妙な拡散やコメントラッシュになりがちだから。

あえて、ワンちゃん名も記すことはしません。

我が家的には10日間。ブログを休むことで喪に服したいとおもったわけです。

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっぱり・・・。分かっちゃいたようなんだけど。これって現実なんだよね。

そして、これからもこういうことは目にして耳にしていくことなんだよね。

つまりは、リリーとドナ。里子に出てった愛息子たちも・・・・・・。

いつかは・・・・。いなくなっちゃうんだよね。

いつかは本当のお別れの時が来るんだよね。

トイプードル銀座リリー01

人間様よりもはるかに短いワンちゃんたちの命が果てるとき。

実際に我が家にその時が訪れたとして。

papaはそれを受け入れられるんだろうか・・・?

単純に逆算してみたってさ。

来月7歳を迎えるリリーは。ちょうど命の半分あたりに至るわけで・・・。

これまでのリリーと暮らしてきた時間の分。これかの未来の時間も、その量しか一緒にいられないってこと。

2015091420150913_175640

何度か記してきたことでもあるけれど。

だからこそ。

「今を生きる」ってことを心の深い深いところに置いて。 

毎日毎日を目一杯に命燃やして生きていきたい。

2015090820150908トイプードル銀座リリー22
 
そのためにも。リリーとドナのためにも。

飼い主である自分自身が。

まずは「自分を生きる」ってことが出来ていないととも。それが中途半端でもダメなんだなとも。

強い想いをあらためて心に刻もう。

本日からブログ再開します。

 

  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Calendar

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

Monthly Archive

リリーファミリーは今何歳?


New Article

  1. 2022.11.28

    母親ロス

Comment

PAGE TOP