Diary

犬のお墓

突然ですが、papaの生まれ故郷の栃木県に来ています。

知人の訃報を聞いて、お春mamaと一緒に葬儀に出席していたのです。

で、本日は朝からpapaのご先祖さんの眠っているお墓に来ています。

papa家のお墓には、先代の墓石が2つあります。

そして、それ以外に墓の入り口を入ってすぐ左側にこんな石像が建っていているのです。

9b043c82.jpg

実は、これはpapaの実母が長年飼っていた愛犬数匹が眠っているお墓なのでして。

親族etcからもいろいろ反対意見が飛び交っていたのですが、papaのお母さんが決意を貫いて、犬のお墓をここにおいたのです。

papaはこの件については賛同派でした。

まぁ、この犬用のお墓が作られたのは、我が家にリリー&優芽(ゆめ)を迎える前の話で、papaとしては飼い主やペットの気持ちなんて全く分からない頃の話だったんですが。

今、リリー&優芽(ゆめ)と一緒に暮らしていて日々感じること。

この気持ちと同じものを持ってpapaのお母さんは犬と一緒の生活をしていたんだなぁ・・・と思うと。

先に無くなってしまったワンちゃんたちですが、papaのお母さんにとっては、骨になってしまってもいつまでも一緒にいたいんですよね。

親戚の一部からは、「人間様のお墓に犬のお墓を建てるなんて・・・言語道断!!」とか言われていたようですが。

大切なことは、一緒に生きている時代のたくさんの素敵な思い出を決して忘れることなく・・・の想いなんだとすれば。

いつか、自分が入るお墓にペットのお墓建てて何が悪い!!ってことなんでして。

これを建てたことで、papaのお母さんは一生、愛犬と一緒にいることが出来るんです。

papa的には、すっげーすばらしいことだと思ってます。

なにより、小っちゃくってかわいらしい墓石でしょ!!
まぁ、この中に眠っているワンちゃんたちは、みんな大きいワンちゃんばかりなんですけどね。(笑)

さてさて、お墓参りも済んだところなので、次の目的地へ向かいます。
お葬式、お墓参りの後は病院に向かいます。
この記事に登場したpapaのお母さんが右大腿骨を骨折して入院しちゃっているのです。

出来ることなら、papaのお母さんにリリー&優芽(ゆめ)と初対面させてあげたいなぁ。とか思ってたりして。

にほんブログ村 犬ブログへ

  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Calendar

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Monthly Archive

リリーファミリーは今何歳?


New Article

Comment

PAGE TOP