Diary

Too Long Time Ago

一昨日、テレビや各報道で流れたニュースがあります。

私自身はお春mamaから聞いて知ったニュースなんですが。

世の中にはたくさんのスポーツがあり、その世界のプロが存在します。

今回の事故も残念としか言いようがありません。

私のデスクの脇にはこんな物が飾ってあります。

0b42245e.jpg

これは、昔深くお付き合いをさせていただいていた方が名誉を獲得した時にいただいた物+αなのです。

実は私自身、この業界に20年ほど関わらせていただいていた時代がありまして。

それはそれは今思い起こせば、青春そのものだったのかもしれません。

縁あって、この世界の裏方のお仕事に着手させていただくことになるのですが、

上の画像の通り、この方の、こんな時代から輝かしいこんな時、そしてこのシーズンや
果ては、こんな苦境とジレンマの時代までと。装着ウェアの担当として仕事をさせていただき。

また、故人にはなりますが、こんな方デビュー前のこんな時代にもお付き合いさせていただいた時代があります。

そんな世界で20年間、つまりは物心ついてからの人生の半分以上の時間を生きてきた私です。

今回のニュースの当事者は私自身は全く知らない世代の人物ですが、自分を再度見つめ直す。そしてあらためて生き直す必要性を強く強く感じさせられました。

ふと自分の過去を振り返り、真剣に自分を見つめ直してみようと。

私自身、17歳で上京し、プロに憧れていた80年代最初の頃。

幼い頃から父親がいなかった私にとっては、男の世界!てな感じでこの世界に深く深くのめり込んでいきました。
そこには、当時、いや今もこれからも人生を生き抜いていく根性を教えてくれた心の親父の存在があります。

それがこの人です。

この何年か、ご無沙汰しちゃっている無礼者の私ですが、最近もこんな感じで元気でいらっしゃるご様子でなによりです。
※リンク先記事の画像の一番右の方です。

きっと、たぶん、間違いなく私の人格形成はこの親父に育てていただいたと確信しております。

しかし、昨今の私の生き様はいかがなものでしょうか?

ガッツは枯れ、愚かに日々まみれて暮らしている自分をこのタイミングで再認識させられます。

元より、「人生は一度きり」だと素肌感覚で痛感したあのとき
思いっきり生きなくっちゃ意味がない・・・。と自分に言い聞かせ立志してきたはずなのに。

確かに今は幸せです。
とってもとっても幸せです。

だけど、それだけじゃぁダメなんです。

自分をめい一杯生きていない気がしてなりません。

このところの私の体調の悪さは「心」の問題です。

実母の件や四方山の件、そして昨夜からの優芽(ゆめ)の体調異常も含め、何らかの力が私に「そろそろ真剣に思い出せ!気づけ!」って知らせを送ってくれているのかもしれません。

幸か不幸か?(笑)、先ほどいつも忘れた頃に連絡が来る旧友であり悪友からも久しぶりに連絡が入りまして。

彼は彼なりにパワフルで元気に暮らしています。そしてなにより生命力がある人間なんだなぁ・・と、感じさせてくれてます。

自分の行き先を明確にし直し、心の仕切り直しをすることにします。

仕切り直しっていうものは、何度も何度も行うことじゃぁないんですよね。

世の中にはいろいろな人がいるわけですが、私の場合、魂燃やして、燃やし続けていないと生きていけない人種もいるわけでして。

自ら覚醒へのスイッチを入れ直す時のようです。

「人生夢のごとし 思った通りが一番」

親父があのとき、私にメールしてくれた言葉です。

いろんな意味で、笑顔を取り戻します。

生き抜かなくっちゃね!!

にほんブログ村 犬ブログへ

  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Calendar

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Monthly Archive

リリーファミリーは今何歳?


New Article

Comment

PAGE TOP