Diary

殺処分とか埋葬論とか畜生とか・・・・

今日のお散歩は6時頃スタートで。

実は来週の火曜日~金曜日まで再度四国へ出張の予定だったですが。どうやらpapaの思い込みだった模様。

それも無くなって、眼下に集中出来るようになったってことかね?

住まいの界隈は梅雨らしい天気の中、雨は降りそうもない・・・っちゅー中途半端で逆に助かってるみたい。。

だって、こうやってお散歩行けてるもんね(感謝)

ブラックのトイプードル銀座リリー&ドナas know as de wan03

今日の隅田川は満潮なり。

水位が高いと結構見てるだけで怖いもんだよね。。

リリーのワン服は園服と呼んでいるas know as de wanさんの4年ぐらい前の物。

忙しいときとかはこれ着せてごまかせるから本当に重宝している代物でありやんす。

ブラックのトイプードル銀座リリー&ドナas know as de wan04

ドナはリリーのように激しく転がりまくったりしないから・・・・。

ワン服チョイスは基本チュールでフリフリ。元来papaがリリーに望んでいたスタイルちゃん。。

ブラックのトイプードル銀座リリー&ドナas know as de wan05

ご近所さんと待ち合わせ~!な予定でしたが、papaが横着して海外とのネットミーティングをiPhoneちゃんでやっちゃったりしてたもんだからすれ違いだしorz。。。

まぁまぁ、、完全貸し切り状態だったいつもの処の築地川公園わんわん広場。。

フリーエリアも小型犬エリアでも大暴れ・・・つか、我が家的にはほどほど50%ってな運動タイムを満喫さ。

なんだか毎日行ってはみてるお神社さんなんだけど。

こぉ~んな事が書かれておりまするぅ~。。ふむふむふ~ん。。

ブラックのトイプードル銀座リリー&ドナas know as de wan01(1)

でもって、築地川公園をトコトコと歩いているとやったら目立つこんな張り紙を見つけたpapaでして。

殺処分』・・・って文字がやったら目に飛び込んできたもんで。

なにやら迷子ワンちゃんが収容されているみたいなんだけど・・・・。

あまりにもイヤな言葉じゃない。ワンちゃん飼ってる立場として、「殺処分」って3文字が。

しかも、赤文字で雑多に書かれてるし。

ブラックのトイプードル銀座リリー&ドナas know as de wan02

日付は等に過ぎてるし。。。どうなったのかな?無事に飼い主さんの元へ帰ることが出来たのかな?

いろいろ考えたら悲しくなってしまいました。

首輪付けてるんでしょ。収容日が5月17日って書いてあるし。

なんか、ジャッジが早すぎない?もっとそういう事についてのルールとか。システムやインフラを整えていくこともとってもとっても大切なんじゃない?・・・って思うのです。

パピーミルの問題やペットショップで易々と命が買える日本のペット事情。

かくいう我が家もペットショップでリリーと出会い今に至っているのですが。

papaがいつも思うこと。

偉そうにリード引っ張ってリリーとドナを連れて歩いていますが。

たまたまpapaの命は人間様に宿っただけ。こんなに幸せを運んでくれて、希望を与えてくれてるリリーとドナは偶然にも犬に命が宿ったわけで。

こんな腐れ魂のpapaなんかが人間様で何十年も生きてきてこれからもおめおめと生きていき。

リリーとドナに至っては天地がひっくり返ったって、20年とか生きることはまず不可能であり得ない話なわけです。

今回、中期移住先でとある方がおっしゃってた話なんだけど。

って、その方はある大型犬のブリーダーでもあり。

「所詮、人間とは違う世界に産まれた畜生なんだ」・・・って。

「死んだ後も行き先も世界も違う生き物だから」・・・って言葉がpapaには苦しくとても痛く突き刺さった時があったんだよね。

papaは宗教がどうだの・・・正直深くはわからない。

インターネットで調べてみても「動物の埋葬はなぜいけない」・・・とかの質問やそれに対する回答とかでてくるけど。

角度変えて考えてみるとね。

近頃?の若い世代の人たちに、家族との死別。その葬儀やその後の法事etc。果てはお墓参り・・・。

教育や教えとして。伝代からの引き継ぎとして、しっかり伝えてあげられてる自分たちがいるのでしょうか?

その引き継がれの濃さは時代を経るごとに。特にこの20年ぐらいでとっても薄れてきてしまっている事なのではないでしょうか?

核家族が当たり前とか・・・。そういう問題じゃないよね。

人と人が希薄な関係にさらに拍車が
かかって歯止めがきかない時代になっちゃってるんだと思うんだよね。

papaの知ってる限りでは。

おばあちゃんのお墓の場所知らない・・・行ったことない・・・っていう人いるもんな。

以前、このブログでも書いたことあったけど。

papaの実母(まだ健在でっせ)は周りの反対押し切って、我が家のお墓に彼女が飼っていたワンちゃんのお墓を建てたんだよね。もちろんそこに亡くなった愛犬たちの骨を埋葬しています。

papaはただ、彼女の想いを尊重したシンプルな話。

今、リリーとドナと一緒に生きる立場になって。彼女の想いが益々理解出来るようになれたんだよね。

そして、そのこと自体に感謝してるんだよね。

ブラックのトイプードル銀座リリー&ドナas know as de wan01

21世紀という100年の間に生きる我々は。

宗教とか昔からの慣習とかだけにとらわれることなく。人間。そして命。生きるってこと本質・・・ってのを見直し、ネオ(新しい)な価値観で未来を作っていくべき100年だと個人的には思っています。

今日の記事の題目の3つの単語。

papa的には絶対に受け入れることは出来ない言葉です。

ブラックのトイプードル銀座リリー&ドナas know as de wan07

そんな今夜は、さっきまで。

3年ぶり?に夜の隅田川で夜釣りごっこなどを。

ひたすら竿を振ってルアーを投げることに没頭しー。

今週はいろいろな現象が現れる時になりそうです。

ひたすら黙々と。。

  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • ガブママ
    • 2013年 6月 11日 2:06am

    殺処分の私も見ました。
    同じく 期限が過ぎていて とても心が痛かったです。。
    置き去りなんて なぜ出来るのか。

Calendar

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

Monthly Archive

リリーファミリーは今何歳?


New Article

  1. 2022.11.28

    母親ロス

Comment

PAGE TOP