Diary

母親ロス

全てのお弔いを済ませた土曜日の深夜。

ドナの様子が変です。

覇気が消えてる。

一番ダメージあったのはドナだったんだな。と。
ここまで独り下手だとは知らなかった。
バレ兄やルカ兄とは違って・・・。
産まれてから一度だってリリーから離れたことなかったんだもんな。

こんなことは全く予想だにしてなかった。
大きく反省です。

みんなが言ってきてくれたことは・・・。
飼い主としてのpapaの心配がほとんど。

あの天真爛漫脳みそお花畑キャラのドナなら大丈夫・・・のはず・・・ってすべての方が思い込んでたんだ。

papaも毎日毎日の看病に全ての神経を向けすぎていたから。
気づくのがやっと今・・・・。
なんて愚かなんだろうと。

「よし!今から夜の探検お散歩行こうぜ!!」とドナに声かけし。
川向こうのしばらく行くことが出来なかったお散歩コースのうちの1つを歩くことに。

また、いろいろ問題視されるんだろうけど。
ノーリードで隅田川テラスを。
深夜。誰もいない。至高の時を満喫させて上げようかな・・・って。

リリーが病気になってから。
わが家のお散歩の距離は1日平均2~300mぐらいに激減。

元気なドナにとってはストレス溜まっていただろうし。
こんな短い距離のお散歩とも言えないお散歩に要する時間もめっちゃくちゃ長い。
すべてリリーのテンポに合わせてた半年間。

ノーリードで放つと。
ダッシュしてある程度の距離で止まってこっちを振り返り、papaのコマンドに合わせて。
「よし!」ならまた走っていく。
「おいで・・」ならこっちに戻ってくる。

こんなパターンのドナが今夜は再稼働・・・かと思ったら・・・。
全くpapaから離れない・・・・。

そこで思ったんだよね。
「よし!明日からはこの2年間の後半に落としてしまった歩く距離と元気を取り戻そう!!ぜ」って。

 

日曜日。
快晴。
橋を渡ります。

久しぶりのどんぐり公園(正式名称じゃねーかんね!)へ。
・・・を一度横切ってホームセンターでこの期間に覚えてしまったジャンキーな味のペットフードを2個だけ買います。
再度、どんぐり公園にUターンしてここでくつろぐことに。

季節はこんな感じ。
リリーの看病は真夏の暑い時にはもう始まっていたんだっけな・・・。

気がついたら木々はこんな色。
今のpapaはテレビは一切見ない。
ついでにお酒はこの2年間全く飲んでいない。つかこの世に「お酒」というものが存在していることすら忘れている。

黄色とスカイブルーとのコントラストが妙に新鮮な日曜日。
空気感が鮮明すぎる。
そんな感覚。

コロナショックで・・・。
世の中全てが閉塞的だったから。
papaの病気もちょうど世間と同じ時期と被ってんだから・・・焦らなくたってみんな時間が止まってるんだよ・・・なんて思ってたけど。
自粛のムードももう完全に解けたのかなぁ・・・
だったとしたら。気がつかないうちにまたpapaとかドナは完全に『時間が止まっていた』置いてけぼりになちゃうよなぁ・・・。。。とか思ったり。

デイキャン風にしてくつろぎます。
papaは持ってきた珈琲のマメを挽いて。
ランチはお湯わかしたついでのカップ麺。あー、、おにぎりぐらい買ってくればよかった・・・。

ドナには。
さっきホームセンターで買ったジャンキーフードのプチ無礼講祭り。

・・・。
ほら!お食べ!!・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

完全におかしくなっちゃってる・・・・。

そうは言っても旨ウマジャンキーはしっかり食べて・・・・。

あとはこんな感じ・・・・。

終始こんなんかんじ・・・・

黄昏れドナがこんがりと・・・・。

人間様のペットロスなんて鼻くそプン。
生き物が母親を失ったロス感の方が100,000,000倍辛いんだよ。

papaの心のケア?
なんじゃ?
もうあの日の午前中リリーの意識があるうちにお別れしあったので振り返らない。

大切なことは今この瞬間を生きてる者。
か弱い者の心。

いくら脳みそお花畑だって。
感じる生き物なんだゎ。
彼女の純情がこれ以上壊れないようにしてあげること。

そんだけだよ。
papaなんかが出来ることは。

帰り道は遠回りパターンで。
少しでも距離稼ぐ習慣の始まりの日だから。

この角度から見るともうひとつの本来の住まいはちょうど夕日の方向。

理想はそっちで最期を迎えさせたかったけど。
そんなの人間様のこだわりなだけだったと。
あの日、横谷さんから言われたとおりだったんだって。
「どこにいてもどんな状態でもpapaと一緒にいることがリリーちゃんとドナちゃんにとってはそれが幸せなんですよ」って。
まぁ、そうだったのかもしんない・・・と。
やっとその意味が理解でいたような気がします。
・・・と。自分に甘くしてみることに。

今。1人減っちゃったわが家。
1人いなくなっちゃったわが家。
探したってなにしたって。もう二度と今までの日常には戻らない。
泣いたって吠えたって変わらない。
大枚何億枚ばらまいたって変わらない。

エアシティターミナルの下で。
ドナと2人。
彼女にとってはこれからはpapaしか頼るものはない。

ここは・・・。
日本の中心。
東京の中心。
道路の中心。
ここからどっち向くかはpapa次第。
鼻くそほじくりながら風向きみて考える。

まずは毎日違うことやって踏ん切れるようにしてあげる。
大丈夫だ。ドナ。。
もうもう完全にpapaの病気も治ってるんだし。

リリーに100%。ドナに100%。合わせて200%だったそれをさ。
まんま200%貴女にささげてあげる。

 

にほんブログ村 犬ブログ タイニープードルへ
にほんブログ村

平成寅とトイプードル銀座リリー・ドナの『いつもの処で独り言』ブラックすぎて何か?

※Instagramの早速のリクエスト感謝申し上げます。大変申し訳ございませんが。もう少しお時間を頂戴したいと思っております。このバナーは『此所が隠れ家でひっそり暮らしてきてた場所』として掲げさせていただいてるだけです。ご厚意に応えられるように四方山整理整頓をして参ります。
※Facebookは再開しました。フォローは承認しませんけどねv

  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Calendar

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Monthly Archive

リリーファミリーは今何歳?


New Article

  1. 2023.03.27

    あれから
  2. 2022.11.28

    母親ロス

Comment

PAGE TOP