Diary

あれから

腐れ彼岸は7日ある・・・。
なんて言葉を故郷では幼い頃から聞かされていたっけ。

先週はほとんど雨の日。
外に一切出ない。どうせ雨なんだろうからカーテンも締めっぱなし。

ドナのお散歩出たい苛立ち?も部屋でモギモギいちゃいちゃしながら紛らわす二人の空間は何十時間経過したんだろ?

1月13日にはリリーの四十九日の法要をわが家なりに済ませ。
お春mamaにはリリーの骨の一部を。リリーは伊豆にも回帰できました。

 

このわが家サイトには・・・。

何度チャレンジしても入れなかった。

今日でリリーがいなくなって約4ヶ月。

 

2023年に入って・・・。
papaは自分脳内の整理整頓だけに時間を費やしてきました。

なんでこういう人生の流れになったんだっけ?とか。

どんな時代があったんだっけっか??とか。

主軸は・・・・。

どこからこの病気を患ってしまったんだろうか・・・という以前カウンセリングで深く探っってもらった際のことを自分なりにまた深掘りしてみたり・・・。

きっと・・・。
抜け出したんだと思う。抜け出したかったんだと思う。

papaの精神の病気の発端は・・・。
1995年が基点となっていたようでして。

つまりは28年間も『本来の自分を失っていた時間』ということになります。
誠恥ずかしい話だな・・・と。

正直。
一言で表すなら。
『生きにくい・・・』それが100%占めながらの現実社会での暮らしだったなと。

根幹。田舎者だったんだ。
『性善説』『人類皆聖人君子』『努力の人になれ』みたいな可笑しな『開拓地の押さえ込みの教育』みたいなものの中で育ってきたから。

まさか。『人を騙す人がいる』『人を陥れるようなことを仕掛けてくる人がいる』なんて思いもしなかった。

だから、『それでも屈しない』『必ず最後まで付き合い続けていける人は一人はいるだろ』なんて思いながら+そう故郷に言われながら保ってきた。

保ってきた・・・のは。
保ってきたつもりでいただけの話。

実際は。
あの時に『完全に壊れちゃった』んだな。
それが今に至る基点なんだと。
悔しい悲しい情けない基点に。

それからは自分の若さとバイタリティを浪費しながら。ただ保ち続けてながら・・・って錯覚してきた。
そこにさらに。
泣きっ面に蜂の連鎖で・・・。
『騙され』『騙され』『騙され』続き。

その度に。デフォルト位置に戻りまたプラスに転換していく・・・の繰り返しだった。
それが28年続いた。続いてきたってこと。。

お金も計算した。
ロスしたお金は1.1億諭吉を越えている。
別途。持ち家タイプではないので。支払ってきた家賃の総額もゆうにほぼ同額近く。
きっと。他の方の暮らしより浪費も多い方だったろうし。
なにより『自分を保つため』にお金は使ってきたんだと分析も。

元。28年の失った時間のうち。
リリーと一緒だった時間。彼女の生きていた時間がそれ。
つまりは14年間。
つまりのつまりpapaがpapaを失って必死に誤魔化しながら保っていた半分の時間は彼女に・・・。

『支えてもらっていた・・・』

あんな小さな命に助けてもらってきたんだと。

本当に情けない愚かな人間なんだと自分が嫌になった。
分析出来たからこそ『徹底的に自分の愚かさに気づけた』というお粗末さなわけで。

リリーがいなくなって。
気丈なつもりでいても。
年が明けて。
リリーと一緒にまた羽ばたくつもりでいたけどすでにその姿は無くとか・・・。

待てよ。

どこからなにがどう流れて今のpapaがいるんだ?

それを本気の本気で探り直してレーンチェンジ戻りできるのか?
そんなことは必要ないのか?
もう、ゆっくり流れるままに生きていけば良いのか?

いろんなことが錯綜した。
錯綜しながらの1月度はスッキリ脳内のつもりでいたけどとんちんかんだった。

2月度。
自分で自分をもがかせた。
脳はすぐにテンパってるみたいだけど。
普通に人もそうなるっしょ・・・とかおもったり・・・。

もがいてもがいて・・・。
気が狂うほどもがいて。

そしたら・・・・。
パチン!って弾けた。

上述の『過去の時系列の検証』ができて。

未来に向けての『手法』がたくさん天からおりてきた。
今をどう生きるのか。
これからどうやって生きていけば良いのか?
それらが明確で鮮明に。

3月度。
今がまさにそれ。
先月の『再覚醒後』のリアルトレースの日々。

外の空気感が28年前以前のその匂い。
地に足が付いてる感はさらにリアルに。
脳は『無駄なことは処理しなく』『幸せに生きることだけ作動し始め』
普段ほとんどみない自分の姿も表情に『色が着き直し』

・・・・。
昨年7月で完治と解釈していたpapaの病気は・・・。

治っちゃいなかったんだ。

先だっての2月末に『本当に治ったんだ』と確信。

無念なことは。
それを14年も支えてくれた彼女はもういなく。
なんの恩返しも出来なんだ。
これからだったら恩返しできたのに・・・と。

そして・・・。
やっと今日、わが家サイトに向かえるpapaが今ここにいる。

リリーも知らない。28年前以前のpapaに完全復帰できたから。
取り戻せたからこそ。
その分も含めドナをたくさん愛していく。

28年以前の自分を取り戻せたけど。
この28年の病みという闇の中で経験し培ってきたことは上乗せになって『強靱なpapa』として仕上がってのこれからの未来。

進化した今のpapaは。。
『やっぱり人とは無駄に絡まない』『必要?最小限の人間関係とその人数で良い』これを新原則として。

 

いろいろあったな。たくさんあったな。
いろいろ起きるよ。たくさん起きるよこれからは。

 

人間様がなんで生まれ生きていくのか。
そんな永遠?の謎もやっと答えが出たところ付近。

 

人間様は『愛』を知るために生まれていきていくんだよ。

いまだ、彼女を失ったことを受け入れられないでいるpapaですが・・・。
それもあたりまえのことなんだと。
そういった部分を改変しなくっちゃいけない・・・なんて決して自分を追い込まないことに。
今の。この辛さはこのままpapaが朽ち果てるまで続くことだし。持ち続けていけばいい。

 

しばらくの間の投稿はpapa脳内の整理整頓事項の備忘録綴りになりそうだけど。
此所はわが家のディレクトリ。
誰かに侵される権利なんてどこにもない。

 

そうそう、、
ドナはね。
この歳になって。母を失って。
初めて自我に目覚めたみたいです。
それはそれは。本当に微笑ましい限りです。

 

にほんブログ村 犬ブログ タイニープードルへ
にほんブログ村

平成寅とトイプードル銀座リリー・ドナの『いつもの処で独り言』ブラックすぎて何か?

※Instagramの早速のリクエスト感謝申し上げます。大変申し訳ございませんが。もう少しお時間を頂戴したいと思っております。このバナーは『此所が隠れ家でひっそり暮らしてきてた場所』として掲げさせていただいてるだけです。ご厚意に応えられるように四方山整理整頓をして参ります。

  • follow us in feedly

関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Calendar

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Monthly Archive

リリーファミリーは今何歳?


New Article

Comment

PAGE TOP